So-net無料ブログ作成

クリス2日目 [Cris y Oscar]


0001.jpg

手前の山道(!)のぼって、いざ<トーダイ>へ☆





0002.jpg
キンキ地方の最北端に位置する<トーダイ>です。
(・・・でも、ソコが最北端って知らなんだ、汗)

地理的に、めっさ重要(キケン)な地点なので、
えぇレンズが付けられています(仏製の第1等レンズ)

フサの記憶違いでなければ、
ニホンで2番目に古いトーダイなハズで、
犬吠埼&室戸岬と共にニホン3大トーダイっぽいです。
(・・・後半は、コレも知らないんだ、汗々)

そして、さり気にゲンエキ(無人、センサー感知式)です。
(・・・何気にコレも知らなんだ、無人は知ってたケド)




0003.jpg




<年一十三治明>が<點初>とは、
・・・1898年ですかー!!




0004.jpgさて、
こーいった崖山の肌色を、
世は「萌黄色」って言うそうです(汗)
・・・いあ、フサやってモエギ色!は知ってますよ(汗々)
やから、フサは思いっきし、
燃木色=秋の色=枯葉色、ゆうて、
母上に、めっさ教養を疑われる目ぇされました(汗)


トコロで・・・、
地平線の彼方に見える2つの島は、
右の大きい方がカンムリジマで、
左の小さい方がクツジマです。
・・・で、
何かがその裏にあるような無いような気がするのが、
福井県は小浜市の内外海(うちとみ)半島です(汗)




0005.jpgえー、何故かヒトは、
何処からでも良いので、
この2島を海上に見つけたら、
アレがカンムリジマで、
コッチが~・・・、って、
言いたくなるっぽいです(苦笑)
・・・因みに、
セッシューさん(!)の絵(!!)にも、
この2島、出てきます☆




0006.jpgで、お昼には本丸(!)に戻り、
フサ家御用達仕出し屋さんの、
花籠弁当を持って、すぐソコの「山」へ。
・オニギリ(梅とエンドウ) ・お漬もん
・エビのアラレ揚げ ・ナマコのオロシ和え
・高野豆腐と子芋とエビの炊いたん
・ブロッコリーの茹でたん、炙りマヨつき
・イカの焼いたん(串)、炙りマヨつき
・エリンギの焼いたん(串)
・だしまき ・生麩 ・鮭の手鞠寿司
竹の皮も桜の花も、何かの花びら(!)も、
全てホンモノです☆




・・・で、お昼からは、さっきオベント食べながら眼下に見た松並木を実際に歩き、
夜は、また海ヨコで地元の幸を頂きました(汗)
それでは、給仕された順に、どうぞっ(汗々)



0007.jpg
先ずは八寸です・・・

・サバチョン(!?)の握り
・何かの貝(!)
・アジの南蛮漬け
・紅芯大根と何か魚(!)のディップ
・何か魚(!)の入った千草焼き
・葉ワサビの、、、炊いたん??
・菜の花の辛子びたし

*サバチョンは、また最後に出て来ます*




0008.jpg
・モンコイカと、なんたらフグと、
 何か(!)の御造り

葉っぱ(!)は青紫蘇でなく、
コチラも葉ワサビ。

イカの上に載った黒いのんは、
イカスミで作ったイカスミ塩。
コチラは何も付けずにどうぞ、でした。

ワサビは既製品でしたが、ツブツブでした。




0009.jpg

・黒毛和牛(ホホ)のデミ&赤みそシチュー

手前の白いのんは、山芋。
横の緑のんは、ロマネスコ。
お肉の裏にあるんが、エリンギ。

トーストされた薄切りパンも出て来たので、
スープまで美味しく頂きました!!
(・・・が、フサには塩辛かった~、汗)




0010.jpg・タイのサクラ蒸し

もち米(・・・かなぁ、道明寺さん?)を、
タイの身とサクラの葉で包んで蒸したんに、
コゴミとサクラの花びら型の金時を添えて、
トロミの付いた御出汁が掛かってます。

本来、包みの上に載っていたワサビを、
少しずつ溶いて、自分好みで頂きました。

お店の器は全て骨董です。
コチラの蓋の内側も、手書きでした。




0011.jpg



・ほうじ茶で燻した鰆に、ホタルイカの入った、
 トマト風味の、冷たい春菊うどん

・・・あぁ、食べかけ(!)で、ゴメンナサイ(汗々)
勢い余って、ぐぢゃ、っと混ぜてしまいました(涙)

緑の麺は、春菊の練り込まれた、おうどんです。




0012.jpg

・イサザの載った、茶碗蒸し

フサリクエスト(苦笑)

中にも何や(!)お魚いた気ぃします・・・
(もはや、もぉ覚えていない、汗々)




0013.jpg


・黒毛和牛(イチボ)とタラの芽のフライ

イチボが何か(!)のソースで、
タラの芽はスイートチリが掛かってました。




0014.jpg ・アカモクごはん

茹でたアカモクは茹で汁と分け、
茹で汁はオコメに加えて炊き、
アカモクは炊き上がってから加えます。
なので、海藻の緑が鮮やかです~

たっぷり量で炊かれたアカモクごはん、
食べきれなかった分は包んで下さりました。




0015.jpg

最後のデザートは、豆乳アイスに小豆と苺

お料理は、ほぼ全て地元の食材で、
給仕の際、ひと素材ずつ、
ドコ産か解説が入ります。


・・・以上、6000+税¥enでした☆






さて、最後に・・・





0016.jpg




コレが母上の、サバチョン(!)、白さばキャッツです。
(2017年3月12日、撮影)


スペイン語では、サバチャンを、
サバチン(細)、サバチョン(太)と活用するそうで(笑)



nice!(13)  コメント(8) 

nice! 13

コメント 8

Ja-Kou66

おぉ、どれもこれも絶景かな♡(海も食べ物もおねこさまも)
食べ物が全部『京』っぽいです。お上品(*´∀`*)
白さばキャッツちゃん、かわいい(*´∀`*)
この目線(おねこさまに見下ろされている感じ)がたまりません。
by Ja-Kou66 (2017-04-21 01:22) 

mutumin

昼、夜美味しいもので埋め尽くされてる感じ!
細やかな心遣いが感じられる昼の弁当と懐石料理。
これでクリスも日本を堪能できたのではないでしょうか?
きっと大喜びですね。
by mutumin (2017-04-21 05:40) 

ChatBleu

すごいなー。
日本のおもてなしって感じです。
クリスさんたちも楽しまれたことでしょう。
サバチョン、かわいい。白いところがふわふわ♪
by ChatBleu (2017-04-21 06:06) 

フサヲ

*Ja-Kouさん*
フサ達が登った、この山道の崖に、ハヤブサ一家が数軒あるらしく、
あぁ、コレを大砲って言うんやな、ってキャメラで待ち構えてるヒトが、
よぉさんおりました・・・ Σ( ̄  ̄ )!
サバチョンは・・・、いったいイツから、こーゆうキャッツになったかナゾです(汗)

*mutuminさん*
・・・いあ、意外と、夜の御食事の最後に頼んだ、
ネスプレッソのエスプレッソが一番好評やったんやないですかね (^ ^;)
スペインで飲んでるのと同じ味だ、って、いちばん喜んでいたように思います。

*しゃぶさん*
山の幸も海の幸も、ふんだんにある、いい季節でしたからねッ d(^ ^ )゛
・・・サバっぽい部分が全く写ってない鯖身(!)です (^m^;)
by フサヲ (2017-04-21 11:56) 

ponnta1351

新鮮で美味しそうなお調理!!
日本のお食事、それも贅沢な、さぞ喜ばれたでしょうね。ちゃんと全部食べられたのかな?
サバチョン、可愛いな~!
室戸岬の灯台は行った事ある。
by ponnta1351 (2017-04-21 13:21) 

Bianca

とっても美味しそう!そして、器もまた素敵ですね〜。
サバチョン、かわいいな♪

by Bianca (2017-04-21 21:31) 

Ginger

和の美を極めたお食事♡幸せものー!
フサ家のにゃんこ「サバ!っていうんだよ!」言うてはった。
(≡^∇^≡)ニャハハ
by Ginger (2017-04-22 14:08) 

フサヲ

*ponntaさん*
ナマコとか、もしかしたら本体(!)を見たら、食べられなかったかも知れませんが、
今回、全て大丈夫でした d(^ ^ )゛
室戸岬、行かれたコトおありなんですね!!
またニホン先端ツアー、したいです (。^ ^。) ← 佐多岬しか行ったコトない、汗

*Bianca先生*
和食っぽく見えて、けっこう創作系ですが、何れも美味しかったです!
フライの載った器が、フサ好みでした (・m・ )゛

*ねぇ様*
地産地消・・・、やれば意外と出来るモンで・・・ ( ̄  ̄A)
・・・クリス達は、オシャベリ(!)ですね (-m- )
by フサヲ (2017-04-23 15:07) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。